SAXOPHOBIA (サキソフォビア)
 
様々なシーンで活躍する個性派サックス奏者が集まり、98年9月に結成。 アレンジは単に楽器の組み合わせだけでなく、ひとりひとりの個性を念頭においてなされ ている代役不可能のアンサンブル。サックスだけでなく、フルート、バスクラ、篠笛など を駆使した多彩なサウンドで注目を集める。 取りあげる楽曲はジャズの隠れた名曲、ポップス、民謡、オリジナル曲まで広範囲に渡り、 その自由かつ大胆なアイディアで独特のホーンアンサンブルとインプロビゼーションを展開する。
 
●2000年1月ファースト・アルバム『FANCYMEN IN THE DARKNESS』をリリース。
 
●2001年 セイゲン・オノ氏が音楽を担当したNHKドラマ『トトの世界』(ギャラク シー賞グランプリ受賞)のサウンド・トラックに参加。
 
●2001年よりポップスユニット [Orange Pekoe]の諸作品に参加。
 
●2002年には来日したビル・クリントン前米国大統領の歓迎晩餐会でのメイン・ステー ジを務め、 クリントン氏から賞賛される。
 
●2003年4月にセカンド・アルバム『シェルブールの雨傘』をリリースし、その多彩なバ ンド・サウンドと強力なインプロビゼーションで各方面から絶賛される。
 
●2007年7月 日本国内初、世界的にも類を見ないジャズ・サックス・カルテット用スコア・ブック&CD『Jazz Standards for Sax Quartet』を出版。
 
●2008年4月 結成10周年で一夜限りのライブ録音、サード・アルバム『A Night at SOMETIME』をリリース。
 
●2008年11月 『Jazz Standards for Sax Quartet』vol.2を出版。
 
●2008年12月 児童唱歌を取り上げたミニアルバム『雨ふりシンフォニー』をリリース。
 
●2010年2月 岩手県在住の子どもたちの歌をフィーチャーした『世界中のこどもたち が』をリリース。
 
●2013年6月 サキソフォビア&ドリームキッズ第二弾『パレード』をリリース。
 
●2014年10月 六年ぶり待望のフルアルバム『4』をリリース。
 
現在はコンサート・ホール、ジャズ・クラブ、アート・ギャラリー等々、さまざまな シーンで演奏するほか、サックス・セクションとしてアーティストやCM音楽のレコー ディングも行い活動の領域を拡げている。